スリムな身体憧れですよね。
太ると綺麗に洋服を着こなせなくなり困まりますよね。
また健康に被害が出てくる場合もあります。

食べる量を減らそうと思ってもなかなか減らすことが難しく、
結局リバウンドしてしまうこともあります。

 

ダイエットに効果的に成功している人はどんな食材を食べているのでしょうか。
健康に良くて、ダイエットに効果的な食材があれば使い、
おいしい食事が取れたら続けられそうですよね。
ダイエットに効果的な食材を使った健康的に
無理をせず食べて痩せるレシピをお伝えします。

 

「Sponsored Links」

きのこのスープ


ダイエットに効果的な食物繊維があるきのこを使ったスープを食べましょう。
きのこには油が体に吸収されるのを防ぎ、
蓄積されている脂肪の燃焼を促すキノコキトサンが含まれています。

 

えのき、まいたけ、ぶなしめじなどのきのこを1日に100程度、スープに入れて食べてください。
お腹が満たされやすく体が温まり代謝が上がります。
きのこは食物繊維が多いので食べ過ぎると、
お腹が緩くなることがあるので食べすぎに気をつけてください。

 

トマト寒天


寒天は満腹感を得られやすい食べ物としてダイエットで注目されています。
寒天には食物繊維が多く含まれているので、腸内環境が良くなります。
またトマトに含まれるリコピンは、体の酸化を抑制します。

 

寒天にトマトピューレやトマトジュースを入れて固めて、食前に食べましょう。
ダイエットにはいいですが、寒天ばかりになると
栄養不足になるので粉寒天を1食に1gまで、1日に3gまでを目安に食べましょう。

 

豆腐のドレッシングがけ

朝・昼・夜の食事のうち1食の主食を豆腐に変えましょう。
豆腐はご飯より低カロリーで、脂肪を燃焼し、便秘解消に効果があります。
1日1丁、週に3回以上は行うことがおすすめです。
木綿豆腐1/2丁に、千切りキャベツや輪切りのトマトなどを乗せて
和風ノンオイルドレッシングをかけて食べてみてください。
豆腐だけにならないように、豆腐をご飯と見立て、おかずも食べてくださいね。

 

キャベツのサラダ


食前にざく切りしたキャベツを食べましょう。
キャベツ1/6個(約200g)を5センチ角のざく切りにして、1日3回食前に生のまま食べてください。
ざく切りにするとよく噛むので満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防いでくれます。
10分かけてよく噛んで食べると、満腹感が1、2時間程度続きます。
ノンオイルドレッシングをかけたり、にんにく醤油、ポン酢、塩コショウなどをかけて飽きないようにしましょう。

 

トマトの浅漬け

夜トマトを食べるというダイエット法です。
1日に15gのリコピンを摂り、代謝を上げましょう。
生でも加熱した物でもトマトジュースでもいいです。
夕食と一緒にトマトを食べるだけなので簡単ですよね!

 

トマトの浅漬けをおすすめします。
ミニトマトに包丁で少し切れ目を入れて、セロリも食べやすい大きさに切ります。
市販の浅漬け液にミニトマトとセロリを浸して、既定の漬けおき時間漬けて完成です。

 

生姜湯

生姜に含まれるジンゲロールとショウガオールが体内の血行を良くし.新陳代謝がアップします。
脂肪が燃焼しやすくなり、痩せやすい身体にになるのです。
作り方は簡単です。

1かけ程度の生姜をすりおろし、マグカップに入れて蜂蜜や黒蜜を入れてお湯を注ぎます。
片栗粉を入れてとろみをつけると、体も温まっていいでよ。
紅茶にしたり、レモンをいれたりと飽きないように工夫しましょう。
飲んだ後にウォーキングをするとよりダイエットに効果があります。

 

もやしのナムル

1日1食はもやしの料理を食べましょう。
ご飯を食べる前にもやし料理を1品食べると満腹感がでて食べすぎ防止になります。
またビタミンB2が含まれるので脂肪の燃焼を助けます。

 

ワカメとひじきの入ったもやしのナムルがおすすめです。
作り方は乾燥ひじき大さじ1をお湯で戻します。乾燥わかめ大さじ1ともやし1袋を1分間茹でて、ザルに入れます。
ゴマ油大さじ1、醤油小さじ1/2、塩小さじ1/4、

炒りごま大さじ2でタレを作り、ひじき、わかめ、もやしが温かいうちに入れます。
このレシピでダイエット中に不足しやすい鉄分も補ってくれます。

 

バナナミルク

バナナがダイエット食材として注目を集めています。
腹持ちも良く、食物繊維が豊富で便秘の解消やデトックス効果があります。
バナナミルクおすすです。
作り方は牛乳とバナナをミキサーで混ぜてください。
簡単でおいしいのでダイエットが長続きします。
朝食にバナナにヨーグルトをかけて食べるのもいいです。

 

・まとめ
ダイエットに成功するには、必要な栄養素を摂ることが大切です。
バランス良く食べて、適度な運動をすることも心がけてください。
ただ単に食事の量を減らしたのでは筋肉も落ちて綺麗に見えないですし、リバウンドの可能性が高くなります。
ダイエット無理のない範囲で行うことが重要です。旬の野菜や果物、たんぱく質、糖質をまんべんなくとりましょう。