「最近、食べすぎているかも・・・食欲が激しい」

 

もし、そう思いでしたら自分の右足に目向けてみてください。

食べすぎを意識している場合、
右足が左足に比べて太っていることが多いです。

「Sponsored Links」

 

なぜ、このような減少が起きるのかというと
これは胃のサイズが大きくなっているということ。

両足をそろえて右足のほうが太っている場合、
胃のサイズが大きくなっている可能性が高いといえます。

 

そこでおすすめなのがテープをつかったトレーニング。

胃のサイズを元に戻すため、
テープをつかったトレーニングを行っていきます。

 

 

胃のサイズを元に戻すテープ運動とは?

 

太くなった右足だけにテープを巻きつけます。

なぜ、右足だけにテープを巻くのかというと
右足が太くなっているということは胃のサイズも大きくなっています。
つまり、胃のサイズの拡張により右足が太ったのであれば
右足を元のサイズに戻せば胃のサイズも戻るということ。

 

胃のサイズを元に戻すことができれば、
食欲もコントロールできるようになります。
テープの長さは4メートル辺りが丁度いいでしょう。

これを右足のくるぶし辺りを中心に巻いていきます。
基本的にこれだけ。

 

 

そして食欲がピークに達しやすい
昼や夜の時間にはテーピングを巻いておくといいでしょう。

テープを巻くことで胃が凝縮され、それが食欲にもつながってきます。

寝る前にはテープをはがしましょう。

 

 

何事もやりすぎはよくないので、
2日ほど様子を見ておこなってください。

2日前と比べて自分の食欲に変化がでていれば、効果があった証拠。

引き続き継続していきましょう。

 

 

変化が感じれなかった場合でも、
様子を見ながら定期的におこなってみるといいとおもいます。
ダイエットは継続することが大事です。

たとえダイエット中に「食べすぎた・・」「また誘惑に負けた・・」と
おもっても決してやめようと考えたりしないでくださいね。

 

誰だって失敗はありますし、最初は意志が弱いものです。
個人的な意見としてダイエットは挫折と挑戦の繰り返しだと思っているので、
一度や二度失敗したとしてもあきらめずに継続していくことが大切です。

 

 

なぜ、こうゆう話をしたかというと
ダイエットをやめる方のほとんどが食事に関することが原因でやめてしまうからです。

食欲というのは人間が求めている欲なので、
その欲求を抑えることは本来とても難しいことなのです。

ですから食欲をコントロールできずに、
一度や二度、もっと失敗する可能性も非常に高い。

 

だからこそ、失敗して当然だ!諦めない!という
マインドを持つことが大切だと私は思っています。

ぜひ諦めずに痩せるまで挑戦していきましょう。
本日の記事が少しでも参考になれば幸いです。