ダイエットで運動、食事制限に加え
痩せる飲み物を取り入れると楽に痩せられます。
飲み物ダイエットに取り入れ方にコツがあります。

それはタイミングです。
どの飲み物をどのタイミングで飲むと
効果がでるのかをお伝えします。

「Sponsored Links」

入浴や運動の30分~1時間前にブラックコーヒー


コーヒーに含まれるカフェインが代謝を上げて、消費エネルギーがアップします。
カフェインには、脂肪を分解する効果もあります。脂肪は糖質よりも消費されにくく蓄積されやすいのですが、カフェインで分解されるとエネルギーとして燃焼されやすくいです。
そしてカフェインの効果の持続時間は3~4時間なのでコーヒーを3~4時間おきにこまめに飲むとより効果的です。

 

食前の緑茶


緑茶のテキンは食事前、食事後に飲むことで脂肪の消化・吸収を防ぐことができます。
カテキンは食べた脂肪を分解します。

分解された脂肪はエネルギーとして消費されやすいので、体脂肪になりません。
さらにおすすめなのが運動前に飲むことです。
脂肪が消費されやすくなります。

小腹がすいたら炭酸水!運動前後の水分補給にも


炭酸水ダイエットは効果抜群です。
炭酸水を飲むと、炭酸ガスが血管の中に入ります。
そうすると血液中の酸素が減少し、体は足りなくなった酸素を補うために血液の量を増やします。

これが運動で心拍数が上がり血流が早くなるときと同じ状態になり、

そのため代謝が上がり消費エネルギーがアップします。
さらに炭酸水を飲むとお腹がふくれ空腹を紛らわすことができます。
無糖炭酸水ができればいいですが苦手な方は、無糖炭酸水に自分でレモンを絞りましょう。

運動後コップ1杯の低脂肪牛乳

低脂肪牛乳は太る原因となる脂肪の摂取量を最小限に抑えながら、

良質なタンパク質を摂取することができます。
運動後30分以内にたんぱく質を摂ると筋肉がより大きく発達し、

基礎代謝量がアップすることがわかっています。

そして筋肉が発達するので脂肪が付きにくくなります。

たんぱく質といえばプロテインのイメージですよね。
しかしプロテインは高価でおいしくないのでなかなか続きませんよね。
低脂肪牛乳なら毎日続けられそうですよね。

食事前の豆乳

豆乳に含まれる大豆サポニンという成分は満腹中枢を刺激する働きがあるので少量の食事で満腹感が得られます。大豆には脂肪の吸収を抑える効果もあります。体に入れる時にも、脂肪の蓄積にも両方に効があるので一石二鳥な飲み物です。

気軽に取り入れられる飲み物ばかりですよね。飲み方コツは脂肪の消化・吸収を抑える飲み物は食事の前後、運動の効果を高める飲み物は運動の前後に飲むこととわかりやすいです。運動や食事療法と合わせて痩せる飲み物を取り入れダイエット効果を高めましょう。

 

まとめ

ダイエットを手助けしてくれる痩せる飲み物には飲むタイミングが重要です。

⇒ちなみに、ドリンクの代わりにこちらのシェイクを一緒にとるとよりダイエット効果があります!

 

*入浴や運動の30分~1時間前にブラックコーヒー
*食事前の緑茶
*小腹がすいたら炭酸水。運動の水分補給にも
*運動後コップ1杯の低脂肪牛乳
*食事前の豆乳