私たちの祖先である原始時代は、僅かな食料で生活していました。
少ない食事量でエネルギーを作り出すという仕組みが私たちの身体にDNAにあります。

 

なので現代ではやはり太りやすい食環境にあるのです。
痩せるには身体の仕組みを理解てサイクルを上手に使って、
痩せやすい身体を作っていきましょう。
そのために痩せる体の仕組みをお伝えします。

 

「Sponsored Links」

痩せやすいのは生理後1週間


生理前の7日前後は、プロゲステロンという女性ホルモンが分泌され

水分や老廃物が身体に溜め込みやすくなる仕組みになています。
体重も平均1~3キロぐらい増えこの期間は痩せません。
しかし、水分や老廃物は、生理開始~生理終了にかけて

体外にでていきら増えた体重も元に戻っていきます。
そして生理終了日~1週間後ぐらいまでは、エストロゲンが多く分泌されます。
エストロゲンは新陳代謝をあげ脂肪を燃焼してくれます。

女性はこの期間が1番痩せやすいです。
この時期をチャンスにダイエットに励みましょう。

 

消費カロリーを高める


痩せるには消費カロリーが摂取カロリーを上回ってはいけません。
摂取カロリーを減らす事が1番です。
そこで炭水化物を少し制限してみてくだ。
炭水化物は、脳の働きに欠かせない糖質という

大切な栄養素なので抜きのダイエットはやめてください。
1日お茶碗1杯程度の量でできればパン、麺類は控えてください。
ぐっと効果がてます。

代謝をあげる


代謝を上げるにプチ断食が効果的です。
断食は胃腸を休めるとともに老廃物を排出する効果も高めます。

老廃物が排出されると体が軽くなり代謝が上がります。痩せるに代謝をあげることです。
プチ断食後は、胃腸に優しい回復食にし、毎日の習慣に酵素ドリンクを飲むとさらに代謝が上がります。
運動が苦手な方は毎月何回かプチ断食してみしょう。

 

⇒プチ断食ダイエット中の方に、絶大な人気がある酵素ドリンクはこちらをご覧ください!

 

 

前向きな思考をもつ


人は自分の思考が体に出てしまいます。
不思議なメカニズムですよね。
痩せるには痩せることを前向きに考えてください。
痩せた自分を想像するとダイエットへのモチベーションも高まりやる気が続きます。
「これを食べたら太らない」と考えて食べるのと
「これを食べたら太る」と考えて食べるのとでは、
体重の増え方が変わってきます。
痩せるには、痩せなきゃと義務的に考えるのではなく、

痩せる事が嬉しい・楽しいと前向きに考えていく事が大切です。

 

食べ合わせでカロリー消費

高カロリーな食べものでも食べ合わせによっては
食べると痩せる効果をもたらしてくれるものもあります。
例えばカレーはチーズを入れることで免疫力も高まり代謝も上がります。
この仕組みを理解していれば、高カロリーだからとたべるのを我慢しなくて済みますよね。

 

・まとめ
ダイエットする際、痩せる身体の仕組みを知ることで
効果的な、そして無理をしなくても痩せられるダイエット方法があります。
人間本来の力を使うことで、過度なダイエットではなく健康的に痩せることができ長続きします。
合わせて運動もすればより早く効果が得られますので
試してみて下さい。