食事の量を減らして過激な運動をしたり、
数日間の断食で無理やり体重を落としてもリバウンドしてしまいます。
さらに栄養不良でお肌もボロボロになってしまいます。

 

ダイエットの基本は減量の目標を決め、それに向かい継続することです。
そのために自分に合った痩せる方法を見つけて無理なくダイエットに取り組むことが大切なのです。

目標はたとえば最終的に10kg減らすと決心したら、それを何ヶ月で達成するかを決めます。
半年計画なら1ヶ月に約2kgということになりますね。
しかしここで1ヶ月で達成しようとすると無理をするので失敗します。
計画的で無理のない減量に成功するための痩せる方法をお伝えします。

 

「Sponsored Links」

*簡単!満腹ダイエット

体重を10キロ落とすのは一大決心です。
ちょっとしたジョギングやエクササイズじゃそこまで痩せません。
食事制限をして摂取カロリーそのものを少なくしましょう。
ただ空腹感に耐えてがんばり続けるのはよっぽどの強い意志の持ち主か修行僧でもない限りできないです。
そこで食べる物を我慢しないで痩せる方法としてぜひおすすめしたいものがあります!
お腹いっぱいになった気分になれる満腹ダイエットです。

 

方法はよく噛んで、ゆっくり食べる、基本的にはそれだけです。
人は血液中のブトウ糖が不足すると摂取中枢が働いて空腹になり、
食事をしてブドウ糖が増えると今度は満腹中枢が働いて満腹になります。
しかしその満腹中枢が働くのは食べてから20分後なので、急いで食べると満腹感を味わう前に食べ過ぎてしまいます。
食事の量を減らして満腹感を味わうためには、よく噛んで、ゆっくり食べることです!

さらに効果があがる方法として
1.先に低カロリーの野菜を食べて、ある程度お腹を満たした後に、たんぱく質のお肉や炭水化物のごはんを食べる。
2.1口30回を意識して噛みましょう。
3.食事は人と楽しく時間をかけて食べるようにしましょう。
これらを守っていても自分の摂取カロリーを超えて食べ過ぎてしまったら意味がありません!

 

 

*摂取カロリーダイエット

摂取カロリーより消費カロリーを多くするようにするダイエットです。
食事のカロリーよりも基礎代謝を含めた一日の消費カロリーが多ければ、体はお腹や腰のまわりに溜めた脂肪を燃やしてエネルギーに変えるので痩せることが出来ます。
摂取カロリーダイエットを始める前に
まず最初に自分の一日の消費カロリーを把握しましょう。
計算方法は、現在の体重×30=消費カロリー(目安)なので、体重60kgの人は60×30=1800kcalが消費カロリーということです。
次に摂取カロリーをどれぐらいの数値に設定すれば痩せられるの計算しましょう。
目標体重×30=目標摂取カロリー
たとえば60kgの体重を10kg落としたい場合は、50kg(目標体重)×30=1500kcalが一日の目標摂取カロリーです。

ここで、1800kcal(消費カロリー)?1500kcal(目標摂取カロリー)=300kcalという差がでます。
この数字が1日に痩せる分です。
そして、1gの脂肪を燃焼するのに必要なエネルギーは約9kcalなので、
この状態で1ヶ月間ダイエットした場合、300kcal(1日にやせる分)×30日÷9kcal=1000g
つまり、1ヶ月で1kg減量できるということです。

単純計算ですが、この数字が現実的です。
1ヶ月に1キロ徐々に痩せていきましょう。

 

 

*体幹トレーニング

上記の摂取カロリーダイエットでは目標の10kg減まで10ヶ月かかりますよね。
長いと感じる方多いと思います。
そこで、減量を少しでも加速させる体幹トレーニングで基礎代謝を高めて痩せやすい身体をつくりましょう。
そもそも体幹トレーニングとは、体幹=胴体に付いている筋肉です。
つまり腹筋群と背筋群のことで、この部分を鍛えるのを体幹トレーニングと言います。

10代の頃はちょっと運動するだけで痩せたのに、
歳をとったら痩せにくくなるのは基礎代謝の低下が原因です。
基礎代謝とは生命維持活動に必要なエネルギーで、
内臓を動かしたり体温を維持するために使われます。
一日の消費エネルギーの内の約70%は基礎代謝に使われ、
あとの30%は歩いたり、走ったりする普段の生活活動に使われています。

そして基礎代謝の中でもっとも消費量が多いのが筋肉を動かすエネルギーです。
体幹トレーニングで筋肉を鍛えると、基礎代謝が増えて痩せやすい体になるということなんです。
体幹トレーニングでおすすめな方法があります。
それはレッグエクステンションです。

 

・やり方

1.椅子にすわり椅子の座るところを両手で持って上半身を安定させます。
2.太ももの筋肉を意識しながら片足を水平に上げて30秒間キープしましょう。
3げた足を床につけないようにゆっくり下ろして、今度は反対の足です。

この一連の動作を2,3セット行ってください。
手軽にできるトレーニングですね!

またお腹ぽっこりをなくす方法は、お腹の奥にある腹横筋を鍛えることです!
ただお腹をへこませてそのままキープするだけでとても簡単にできます。
慣れてくれば、腹横筋が鍛えられて永くお腹を凹ませられます。

 

・まとめ

10キロダイエットを無理なく達成するためには、それなりに時間がかかります。
早く痩せたい気持ちはとてもよくわかりますが
無理な食事制限で摂取カロリーを下げすぎると基礎代謝に使うエネルギーが不足して健康に深刻な影響を及ぼしかねません。
途中で挫折せず痩せるには無理なダイエットをしないこと、短期間で10キロ痩せようとするのはやめましょう。
今回紹介した3つの痩せる方法をうまく使って無理なく綺麗に痩せていきましょう。