ラクトフェリンとは、哺乳動物の乳に含まれている成分でです。特に人の母乳には沢山含まれています。出産後3日間に出る母乳を初乳にはもっとも多く含まれている成分です。そのことからわかるように人間にとって非常に重要な働きをする成分です。

重要な働きをするラクトフェリンの効果は、身体に様々な良い影響を与え、それは健康面だけでなくダイエットにもとても有効だということが分かってきました。それがラクトフェリンダイエットです。

 
ではラクトフェリンを摂取して得られる効果にはどんなものがあるのでしょうか。これからクトフェリンが体にもたらす効果と、ラクトフェリンダイエットについてお伝えします。

「Sponsored Links」

腸内環境を良くする


最大の特徴、効果は便秘の解消です。
ラクトフェリンは腸内で鉄分と結合することで、悪玉菌が鉄分を利用できないようにする働きをします。
ラクトフェリンが腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすので腸内環境が改善されます。
そして腸内に善玉菌が増えることで腸の動きが良くなり便秘が解消され、ポッコリお腹が解消します。

 

新陳代謝が良くなる

便秘が続くと、体内に蓄積された腐敗物が毒素を発生させます。毒素は血液をドロドロにしたり、代謝や解毒に関わる肝臓などの臓器の機能低下を起こします。
ラクトフェリンの効果によって腸内環境を改善するこができ新陳代謝が良くなります。
そして、代謝のいい痩せやすい身体になります。

 

中性脂肪やコレステロールを分解


ラクトフェリンは中性脂肪やコレステロールを合成する酵素に関与する働きがあるため、それらを分解することによってダイエットに効果がでます。

またラクトフェリンダイエットは、歯周病菌が発生させるLPSと呼ばれる毒素が、中性脂肪やコレステロールを増加させて引き起こす脂質異常を、改善したり予防する働きがあります。

⇒ダイエットでラクトフェリンを使用する場合、こちらのラクトフェリンがおすすめです!

 

免疫力を上げる


ラクトフェリンには母乳の初乳に含まれいるナチュラルキラー細胞などを活性化させて免疫力を高める働きが有ります。
新生児の赤ちゃんが風邪などの病気にかかりにくい理由には初乳に含まれるラクトフェリンの効果です。
ラクトフェリンダイエットを行うことにより、風邪などにかかりにくくなります。
ラクトフェリンは癌にかかりにくくなることも証明されています。

 

花粉症の症状を和らげる

花粉などのアレルゲンが身体の中にはいると
T細胞がB細胞に異物として伝達します。
B細胞が抗体を作ります。
これでアレルゲンと結びつくとヒスタミンが発生し、くしゃみや鼻水などの症状が発症するのが花粉症です。
ラクトフェリンダイエットを始めると、T細胞がB細胞に伝達する作用を防いでくれます。
B細胞に異物侵入の情報が伝わらなくなるのです。
その結果アレルゲンに対する反応が出なくなり、花粉症などのアレルギー症状を抑えてくれます。

 

歯周病を改善してくれます


歯周病菌は、表層に毒素(LPS)を持っています。この毒素は、歯周病菌を殺菌しても口腔内に残っています。進行させたり全身に影響を与えてしまいます。
ラクトフェリンダイエットは、この毒素と結合することによって働きを抑えたり、無毒化させる効果をがあります。
さらにラクトフェリンダイエットを始めると、歯肉の炎症を抑えたり、歯肉のコラーゲンの合成量が正常に保たれる働きがあり歯にもいいことだらけなのです。

 

女性にありがたい沢山の効果

・骨粗しょう症に効く
ラクトフェリンダイエットは、破骨細胞の働きを抑制して骨が弱くなるのを防ぎます。
・便秘の改善
・貧血の改善
・消臭効果
・ドライアイの改善
・骨粗しょう症の予防と解消

効果のあるラクトフェリン一体なにで摂取できるのかというと
ヨーグルトや牛乳、スキムミルク、チーズなどの乳製品です。
しかし、牛乳などの加熱処理されていないものから摂るとしても、実際に効果が現れるほどの量を摂取しようと思うと牛乳を何リットルも飲まなくてはなりません。
ラクトフェリンダイエットはサプリメントを活用してください。

また、最近では食品にラクトフェリンが添加された、ラクトフェリンダイエットに対応した食品も多く市販されているので活用してみてください。

 

・まとめ
お腹痩せと便秘は密接に関係していますし、
同時に解消することもできます。
腸内環境さえ整えれば健康的にもなり痩せるともできるということです。
是非ラクトフェリンを活用して便秘解消しつつぽっこりお腹も解消してください。