ダイエットにランニングマシーンって便利ですよね。
天気や時間を気にすることなく自宅で運動できて魅力的ですよね。
そんな便利なランニングマシーンの効果を短時間で
さらに高めるための使い方、気をつけたいポイントをお伝えします。

「Sponsored Links」

傾斜角度をあげる

ランニングマシーンは乗っているだけで進むので傾斜ゼロの状態での使用は、ゆるやかな下り坂を走っている状態と同じです。傾斜をあげると上り坂を走っている状態と同じになりますので、体のコンディションをみながら8%ほど傾斜をつけてください。ランニングマシーンの効果を上げることができます。

 

ピッチをあげましょう


ランニングマシーンによっては傾斜角度を変更できないものもあります。
その場合はランニングの負荷をあげるために走るピッチをあげてください。
それによって傾斜角度をあげた場合と同じような効果があります。
しかしいきなりピッチをあげて走ると膝や足に負担がかかりますので少しずつ上げていきましょう。

 

走る時間は30分目標


ランニングマシーンでの運動は有酸素運動になります。有酸素運動は開始してから20分で体脂肪が燃焼し始めるのでランニングを20分以内で終わらせてしまうと、体脂肪が燃える前なので効果がありません。しかし長いからいいとも言えません。
初心者が長時間走ることは疲労の蓄積してしまいます。
初めてランニングをする人は30分を目標にランニングマシーンを使用してください。

 

走る前に腕立て、スクワットをしましょう

ストイックにランニングマシーンの効果を上げたい場合は、走る前の筋トレがおすすめです。
ランニングをするまえに筋トレをすることにより体の糖質が消費され、脂肪燃焼が開始される時間が早まります。

 

空腹時に走りましょう

より使用効果を上げたい場合は朝食前の空腹時の使用をお勧めします。
朝食前の空腹時に走ると最初から効率よく脂肪が燃焼されることが確認されています。
食事を摂るとインスリンの作用で脂肪の分解が抑制されるためと言われています。
ただ朝が弱いって方もいらっしゃいますよね。
そういった方は食後2時間以内を避けて使用してください。食後2時間以内は体が食物の消化に集中してしまい、脂肪燃焼の効果が最も低くなるといわれています。

 

・まとめ
ランニングマシーンの効果を最大限に引き出す使い方についてお伝えしました。
大切なのは負荷をかけて運動することと脂肪の燃焼しやす時に使用するということです。
そして最も大切なのは長続きさせることです。
無理せず気分が乗らない日はウォーキングをしたり、やる気のある日にはピッチや傾斜角度を上げ負荷をプラスしたりしながら日常的に使用しましょう。