有酸素運動とというとウォーキングやジョギング、水泳などが浮かびますよね。
外やジムでやるものというイメージがありますよね。

有酸素運動にチャレンジしようと思っても天候に左右されたり、時間を作ったり、
ジムに通うのは続けていけそうにないと思う方もたくさんいらっしゃると思います。
お金や時間をかけずに家にいるときにできたらいいですよね。
そんな方におすすめなおうちでスキマ時間にできる有酸素運動をお伝えします。

「Sponsored Links」

1.踏み台昇降運動
ちょっとしたスペースがあれば十分できる運動です。
踏み台の高さはあまり高すぎると膝に負担がかったり、転倒の恐れもあるので10㎝位で無理のない高さにし、呼吸が急に上がらない程度を心掛け行いましょう。
踏み台にするものはホームセンターなどにも売っていますが、家の階段など代わりになりそうなものがあれば大丈夫です。

 

2.スクワット運動
筋トレではなく有酸素運動として行う場合のポイントは
無理のないゆったりとしたペースで膝を曲げ伸ばしする時に呼吸を意識し、背筋をピンと伸ばすようにスクワットしてください。きつく感じた場合はペースを落とし長く続けられるペースで行いましょう。

 

3.ももあげ
どこででもできる簡単な有酸素運動です。
ももあげには2種類のやり方があります。
・軽くももを上げるのをリズミカルに繰り返す方法
・ももを90度近くまで上げるのを繰り返す方法
もも上げは消費カロリーが多く、軽くジョギングするのと同じくらいカロリーを消費してくれます。
実践してみると慣れないうちは少しやっただけでも息があがってくるのでもも上げのすごさがわかると思います。

 

4.ダンス
ダンスは全身を使う筋肉運動です。
ダイエット専用のDVDも多く発売されています。
それらのダイエットDVDも効果的な手順でプログラムされていておすすめですが、好きなグループの曲や歌に合わせてダンスすると楽しんでダイエット出来ますよね。

家の中なら人目も気にならずできるので思いっ切り踊ってください。

 

5.フラフープ
フラフープも立派な有酸素運動です。
ゆっくりと一定のペースで回すことで軽いジョギングと同じくらいのカロリーを消費します。
初めは回すことが難しい場合もありますがら
最近では回しやすい変わった形のものやお腹周りを刺激してくれるものなど様々な種類がありますので使いやすそうなものを選んでください。
フラフープは腰を使った運動なので体幹を鍛えてくれます。

 

6.エア縄跳び
ダイエットに縄跳びは効果大です。
家の中では本物の縄跳びは難しいので縄がなく持ち手の部分にカウンターがついたものを使ってエア縄跳びをしてください。
最初は短い時間5分くらいから初めて徐々に身体を慣らしていきましょう。息が上がらないように気をつけましょう。

 

7.呼吸を意識したストレッチ体操
呼吸を意識と有酸素運動になります。
テレビを見ながらでもできるストレッチはいつでもできますよね。
ストレッチで有酸素運動の効果をあげるポイントは、伸ばすとき大きく息を吐く事です。そして吐ききったあとは自然に息を吸い呼吸を止めないようにしましょう。また伸ばしている筋肉に意識を集中させてください。

これを意識すると身体が温まり汗がでてきます。ほかの運動の前後にすることがおすすめです。

 

 

・まとめ
有酸素運動で一般的に思いつくものは、時間やお金もかかりますしなかなか難しいという方は上記の方法を実践してみてください。
お家でスキマ時間やながら時間にできます。
有酸素運動はダイエットだけでなく心身の健康の向上などたくさんのメリットがあります。