某雑誌の200人の男の子へのアンケートで、
女性の魅力を感じるパーツ第一位になったのふくらはぎでした。
女性からするとなんか意外ですよね。

しかもただ細いだけではなく、しなやかさや
柔らかさが感じられるふくらはぎが人気のようです。
ふくらはぎと言えば多くの女性が、
ダイエットの時に太さや肉のつき方などの形に悩むパーツです。
特にふくらはぎは心臓から遠く血液が滞りやすい上、
リンパの流れや筋肉の疲労が原因でむくみやすい部分です。

そこで美脚になる為に、ふくらはぎをダイエットする時の9つのポイントをお伝えします。

「Sponsored Links」

有酸素運動が効果的


有酸素運動の代表、20分以上のウォーキングです。じっくり継続して行うことで健康的なダイエット効果を得えます。
背筋をきちんと伸ばして姿勢を正し、少し大股でふくらはぎの伸縮を意識しながら地面に最初にかかとをつけることを心がけて行いましょう。
ふくらはぎの伸縮を意識することで、自然とふくらはぎの筋肉が伸び、足の血流を促し冷えやむくみを解消してくれます。
他に注意する点はつま先をきちんと正面に向けてあくることです。
普段ヒールのある靴やブーツなどを履いて歩き方にクセが付いてしまっている場合があるので正しい姿勢を心がけてください。

 

リンパマッサージ


ふくらはぎは老廃物やリンパが溜まりやすくそれが原因でむくみ、セルライトができやすいです。
自分でできるリンパマッサージがおすすめです。
入浴後体全体が温かいうちに、両手を使って、足首から膝裏までさすりあげましょう。
次に下から上へ揉みほぐしてください。
さらに膝を立て、ふくらはぎのセルライトを引っ張ったり絞るような動作を繰り返してください。
マッサージオイルやボディクリームがあると滑りが良くなります。好みの香りのものであればリラックス効果も出ますよね。

⇒詳しい脚やせマッサージの仕方はこちらの方法を参考にして下さい!

 

湯船につかる

血液の流れを良くしましょう。
できるだけバスタイムは湯船につかり、体全体の血流を促しましょう。
むくみがとれるだけでなく疲れが取れますよ。
毎日湯船につかれないとういうかたは休みに半身浴を行ったり、毎日のリラックスタイムに足湯を取り入れるのもおすすめです。

 

隙間時間に足を上げ下げ

ふくらはぎの筋肉を意識して動かしましょう。
歯磨き中や仕事の合間などデスクワークでも立ち仕事でも少しならできそうですよね。
ふくらはぎの筋肉がほぐれることで血流が促進され夕方になってもむくまない綺麗なふくらはぎになります。

その日のうちに解消する
むくみはその日のうちに解消してください。
バスタイムで脚のむくみを簡単に解消しましょう。熱いお湯と冷水を交互にかけ、温度差で血流が促されるのでむくみがとれます。

血流がアップすることで体があたたまり質の良い睡眠も得ることができるので是非むくみが気になる時は試してみてください。

 

着圧ソックス


最近ではむくみ防止の為の便利グッズ、着圧ソックスがありますよね。デザインもかわいいものがあるので是非履いて寝ましょう。
しかし、正しいはき方をしないとその効果は得られません。
また就寝中に使えるものとそうでないものもあるのできちんと確認しましょう。

 

・ツボ押し
入浴中に足の裏の土ふまずのやや上あたり、足の指を曲げた時に凹む所を押すとむくみに効きます。
膝を曲げた状態で両手の中指で少しだけ力を入れて押してください。

 

・ストレッチを行う
入浴後は簡単なストレッチをしましょう。
まずは足の指を閉じたり開いたりを10回、
次にタオルやストレッチバンドを伸ばした足にかけ、かかとを押しだしましょう。
足の裏・太ももの裏・背中が伸びて気持ちいいです。

 

・食事制限
ふくらはぎを細くするにはやはりむくみにくい食生活をしましょう。
塩分摂取量を減らす為、出汁や薬味、酢などの風味や味覚を刺激するものを使いむくみを防止しましょう。
またアルコールの飲み過ぎはむくみますので控えましょう。
むくみ解消の為、利尿作用のあるものを食べましょう。
玉ねぎ・アスパラガス・ジャガイモなどの野菜や、肉・魚・しょうが・ネギなどの体を温める効果のあるものを取り入れましょう。

 

・まとめ
ふくらはぎの筋肉痛を使ったり、むくみを防止することでふくらはぎの見た目がわかるほど効果があります。
今回、ご紹介した方法を実践し
綺麗なふくらはぎを手に入れましょう!