くびれがあればボディラインがキレイに見えますね。でもダイエットをすればくびれが出来るというわけではありません。せっかく痩せてもくびれがない寸胴体型では意味がないですね。

ではどうすればくびれはできるのでしょうか?また短期間でくびれを作る方法はあるのでしょうか?

その方法についてご紹介していきます。

 

「Sponsored Links」

 

くびれを作る方法とは?

くびれを作るにはお腹周りや腰回りを太くする要因を取り除く必要があります。

まずは脂肪を落とすことが大切です。

脂肪を落とすには摂取エネルギーを消費エネルギーより抑えることです。その結果体内に蓄積した脂肪をエネルギーに変えられるので、全身についた脂肪を減らすことが出来ます。

全体的に太っているという方は運動や食事などを意識するだけで体重を減らすことができ、身体の脂肪を取り除くことができます。

しかしお腹周りだけなど部分的に太っている人は、脂肪だけが原因ではない可能性があります。例えば便秘傾向の方は老廃物が溜まっているのでぽっこりお腹の可能性はありますし、下半身の冷えやむくみからお腹周りの代謝が落ちて痩せにくい身体になっていることもあります。

また骨盤がゆがんでいると、周辺の血管が圧迫され血液循環が滞ってしまいます。そうなると下半身に十分な血液を送ることが出来ずに、余分な老廃物が溜まってセルライトが蓄積し痩せられなくなります。よって骨盤のゆがみを整えることはくびれをつくるための第一歩としては非常に重要なことだといえます。

 

よくくびれを作るために腹筋を鍛える方がいますが、実は腹筋をしても効率よくくびれを作ることはできません。確かにお腹の筋肉を引き締めることはできるのですが、くびれを作るために鍛えるべき筋肉はお腹の側面の筋肉である「腹斜筋」という筋肉なのです。腹筋をするだけではサイドの筋肉までは中々鍛えられません。

また腹筋は毎日続けなければ効果が得られるまでかなり時間がかかります。この点からも腹筋でくびれを作るというのは非効率であることがお分かりいただけるでしょう。

運動をするなら腹斜筋を鍛える筋肉トレーニングを行うか有酸素運動を行う方がくびれをつくる効果が期待できるのです。

 

 

短期間でくびれを作るには?

くびれをつくるために必要なのはお腹から腰にかけての脂肪を落とす必要があるということをお伝えしましたが、短期間でくびれを作るということは短期間で脂肪を落とす必要があるということです。

腹筋だけではかなり時間がかかると言ったのに、短期間で脂肪を落とすなんて無理じゃないと思いますよね。

しかし短期間でくびれを作るのは割と簡単なことなのです。

それはインナーマッスルを鍛えることです。くびれを作るには脇腹の筋肉である腹斜筋を鍛えればいいのですが、寝ながらでも出来るストレッチを毎日繰り返すことで引き締まったくびれを手に入れることができます。

普段あまり使われない筋肉は、そこを意識した筋肉トレーニングを続けるだけですぐに結果が出てきます。また筋肉を鍛えれば基礎代謝が上がるのでくびれを作る効果だけでなく、痩せやすい身体をつくる効果も期待できます。

 

あとオススメしたいのがドローインを意識した生活です。

ドローインとは、日常生活の中で常にお腹を凹ませることを意識するというもので、これなら生活の中で行うことが出来ますし、慣れてくれば無意識のうちにドローインを行うことができます。そうするうちにお腹周りの筋肉が鍛えられ、くびれづくりにも役立つでしょう。

 

 

いかがでしたか。

いずれの方法にせよ、継続しなければ筋肉を鍛え、それを維持することはできません。

日頃からボディラインを整えることを意識して生活していれば、いつまでも美しいボディをキープすることができるでしょう。

異性だけでなく、女性の目も惹きつけられるような美しいボディラインを手に入れましょう。