「経絡リンパマッサージ」という言葉を聞いたことがありますか。

東洋医学である経絡と西洋医学であるリンパマッサージを組み合わせた考え方で最近注目されている新しいマッサージ法です。

今回はその効果と方法についてご紹介します。

「Sponsored Links」

 

経絡とは?

経絡は、気血の通り道と考えられています。

五臓六腑と体表とを結んだ、全身に分布する管のことを表します。

合わせて14本あり、その中を気血というエネルギーが流れています。

気血の流れをよくすることで血行促進し、免疫機能の改善を促し、健康的な身体になれるとされています。

これは東洋医学の概念で、全身の状態を整えることにより、健康的になれると考えられているものです。現代主流である西洋医学と違い、解剖学で証明されているわけではありません。

しかし働きは西洋医学でいうところの血管や神経系の役割と似ています。

 

薬を使わずに経絡という気血の通り道に働きかけ、関連する臓腑を治癒できるほか、キレイな身体を作ることができます。

西洋医学をよく知る私たちにとっては想像上の経絡を刺激して健康になれるなんて疑ってしまいますよね。しかしツボ押しや鍼治療などはこの治療法に当たります。経絡というとあまり聞きなじみがない言葉でも、東洋医学の概念を知ると私たちの身近に存在しているものだということがお分かりいただけると思います。

そして実際に薬が原因で不調をきたした場合でも経絡を刺激して症状が改善したという例もあるのです。

また健康でキレイな身体を手に入れるという点では美容に共通するものがあります。

美容に気を使っている方ほど「薬に頼らず自然なものを摂って健康になりたい」と考える方も多いのです。

よって東洋医学の考え方は私たちの身体の未病を防ぐという意味でも非常に重要となります。

 

リンパとは?

リンパマッサージは西洋医学の考え方でよく聞く言葉だと思います。

リンパとは静脈に沿って全身に分布しているリンパ管と、その中を流れているリンパ液、身体の各部位でリンパ液を浄化するための関所であるリンパ節全ての総称のことを指します。

リンパには有害物質を無毒化するという自己免疫系の役割もあるのですが、リンパ液の流れが滞るとその役割を十分に果たせなくなります。

そうなると余分な水分や老廃物を溜め込むせいで体調不良の原因となったり、むくみの原因となるわけです。

またリンパ液は血液とは違ってポンプ作用を利用して体内を循環しているわけではありません。筋肉の働きで循環しているのです。

よって運動不足や加齢などで筋肉が衰えてくると、リンパ液の流れが悪くなってしまいます。その結果脂肪燃焼も十分にできなくなり脚が太くなっていきます。

リンパ液の流れをよくするには、運動をして下半身の筋肉を鍛えるか、リンパマッサージが効果的です。

 

経絡リンパマッサージの太ももを細くする効果とは?

太ももに経絡リンパマッサージを行うと、リンパマッサージの効果で太ももに溜まった老廃物を排出することに加えて、太ももの気血の巡りをよくして血行改善や免疫機能の回復を助けることで、ふとももがもつ本来の働きを回復させ、健康維持にもつなげることができます。

そうするとむくみや冷えの改善、脂肪燃焼などの効果が期待できるので、経絡リンパマッサージで太もも痩せができると考えられているのです。

ではその方法についてご紹介します。

まず、脚の付け根にある「衝門」というツボを押します。5秒押したら5秒離すというのを繰り返し1分間行います。次は手掌軽擦法という方法で、足首から太ももへ外側と内側をまんべんなくさすります。これも1分間行ってください。そして気になる部分をたたいて引き締めるというのを1分間行います。合計3分間の経絡リンパマッサージで効果的に太もも痩せを行うことができます。これを毎日続けて太もものサイズが-3㎝という方もいるようです。

 

いかがでしょう。これなら簡単に短時間で行うことができるので、運動を始めるよりも気軽に行えそうではないですか。

ダイエットをするときは運動や食事ももちろん重要ですが、ボディラインを整えるという意味ではマッサージを行うことはとても大切になります。

ただ痩せるというだけではなく、キレイに痩せるということを目指しましょう。

そのためにはできるだけ低コストで簡単に続けられる方法を探す必要がありますね。

そんな時にオススメしたいのが「スリムレッグラボ」というマッサージDVDです。

 

リンパマッサージの基本から教えてくれるので、どれから始めたらいいのか分からないという方でも分かりやすい内容となっています。

1日2分から行うことができ、キレイに痩せるという目標を達成できる商品です。

 

⇒スリムレッグラボの詳細はこちらからご確認ください♪

 

エステに通うよりもコストパフォーマンスがいいので是非調べてみてくださいね。