お腹に聞くダイエットは健康にもつながります。
女性の悩みで非常に多いのが便秘です。

便秘が続くと肌荒れ、頭痛が起きますし
腸にいつまでも古い食べ物が残っている状態は良くありません。
腸は健康の源です。
便秘を解消しようと努力するもののなかなか効果でませんよね。

「Sponsored Links」

女性が便秘になりやすい原因の一つに女性の方が筋力が弱く、腸の運動が鈍くなるということがあります。
食べ物に気をつけても便秘が解消せず、お腹痩せダイエットが進まない人はお腹の筋力不足が原因かもしれません。
お腹の筋力を付ける運動で便秘を解消する、お腹痩せダイエットをおすすめします。

お腹痩せダイエットに効果があり
初心者からでも簡単にできる
下腹部を鍛えるトレーニング法をお伝えします。

 

腹式呼吸を習慣にする

腹式呼吸法を習慣にしていると腹筋が自然と強くなります。
腹式呼吸法は便秘解消によるお腹痩せダイエットだけでなく、

通常呼吸よりもカロリーを消費するために、基礎代謝が上がる効果もあり魅力的ですよね。
一日に何回か行うだけで、腹筋を鍛えることができます。

腹式呼吸の方法
①真っ直ぐに立って、腹式呼吸をしながら息を吸い込んで、お腹を膨らます。

②いっぱいに息を吸いこんだら、今度は息をゆっくりと吐きだしていく。
お腹の奥の方にある筋肉を意識して、お腹を引き寄せるようにギューっとお腹をへこませる。

③全て息を吐き切って、限界までお腹をへこませたら、最低でも15秒以上このままの状態をキープする。
浅く息を吸ってもいいので、60秒くらいまでキープする。

 

腹筋運動で腹筋を鍛える

初心者でも始めやすいトレーニングをしましょう!

①床に仰向けに寝る。脚を肩幅くらいに広げて、膝を立てる。

②手はお腹に置く。上半身を上げられるところまで持ち上げ、背中を丸めておへそを見る。

③腹筋に力が入っていることを感じながら、そのまま15秒ほどキープする。この時、息を止めてしまわないようにする。

腹筋の筋肉が弱い方は、無理せずに出来る秒数と回数から始めるようにしてください。
徐々に増やしていくようにしましょう。
便秘がちな人の場合には、通常の腹筋運動だと1回も出来ずに挫折してしまうケースがあります。
その時はこの腹筋法から徐々に負荷を掛けて行くと、無理なく腹筋を鍛えられます。

 

腸のぜん動運動を促す

お腹痩せダイエットには便秘の解消が不可欠です!
そのためには腸を動かす工夫も加えて進めましょう。
腸を動かすストレッチ

①床に仰向けに寝る。脚を肩幅くらいに広げて、膝を立てる。

②両手を横に広げ、お尻の下の方だけを浮かせるような気持ちで骨盤を立てる。
尾骨を床に押し付ける気持ち行う。

③膝をゆっくりと左右どちらかに倒す。この時、肩が床から浮かないように気をつける。
倒したら10秒ほどキープして、今度は反対側に倒す。この動作を左右交互に10回から20回ほど行う。

お腹周りの運動によって腸が刺激されます。
その結果休んでいた腸が動き出します。

 

腸の動きを活発にする体操

お腹痩せダイエットする人は頑固な便秘に悩む人も多いので、いくつか組み合わせて行ってみてください。
もう一つのストレッチ方法を紹介します。

①床に真っ直ぐに仰向けに寝る。片方の膝を胸に引き寄せ、肩が浮かないようにしっかりと床に肩をつけながら両手で抱え込む。
太ももでお腹をグーッと押すように、息を吐きながらしっかりと引き寄せる。
②いったん抱え込んだ手をはなしたら、今度は曲げた方の脚の膝に反対側の手だけを当てて、伸ばした脚の外側に向けて倒す。
膝に当てた手の側の肩がなるべく床に近づくようにしっかりと胸を開く。もとの姿勢に戻してから、反対側も同じように行う。

腸を適度に刺激する運動を、腹式呼吸をしながら5分から10分を目安にゆっくりしてみてください。
体全体をストレッチすると姿勢も改善し、内臓全体が動き出します。

 

・まとめ

便秘解消に役立つお腹のダイエット方法をお伝えしました。
お腹痩せダイエットをして便秘が解消されるといいですよね。
しかし便秘体質の方はダイエットだけではなく便秘傾向にある体質を改善していくことも必要です。
便秘薬に頼る毎日は不健康です。
腹筋力の弱い方でも負担なく始められるものばかりですので是非始めてみてください。