女性にとってダイエットは永遠の課題ですよね。
誰でもモデルのような体型にはあこがれるものです。

ですが生まれつきの体型があるから自分には無理だと最初から諦めてはいませんか。
確かに先天性の体つきもありますが、顔つきとは違い日々の努力で体型は変えられます。
テレビで活躍しているモデルや芸能人でもその体型維持のため日々心がけている習慣があります。

それは誰でも今日から実践できることで、決して難しいことではありません。
その7つの習慣について紹介したいと思います。

「Sponsored Links」

目標を明確にする


まずダイエットを始める前に自分がどんな女性になりたいかを思い描くことが大切です。
アナタは痩せたら何がしたいですか。好きな洋服を着てオシャレを楽しみたい、好きな人と恋をしたいなど何でもいいのです。
好きな芸能人を見て目標にすると痩せた自分をイメージしやすいかもしれません。
また具体的に「〇日までに痩せる」「〇キロ痩せる」という短期目標を設定すると目標がより明確になると思います。
ただ具体的な数字を設定する場合は無理な数字ではやる気につながらないのでとりあえずは達成しやすい目標を掲げることが大切です。

理想の自分を思い、常に「私ならこうなれる」とポジティブに考えましょう。
するとダイエット意欲にもなり、より目標達成しやすくなります。

 

毎日体重を測る


目標を決めたら次はどうするかー。まず自分の現状を知ることが大切です。
数値ばかりを気にするのはよくないですが、最低でも1日1回は体重計に乗るようにしましょう。
出来れば朝起きてすぐや、お風呂に入る前など同じ時間、同じ条件で測ることが望ましいです。

飲み会など食べ過ぎた翌日はどうしても体重が増えてしまいますが、増えているのが怖いからと体重を測らなければ自分が何キロ増えたかも知らぬままになってしまいます。1キロ増えたら1キロ戻すという習慣をつけることが大切です。
5キロ増えてから痩せるよりも、1キロ元に戻す方が簡単なのは明確です。

モデルの長谷川潤さんも産後にスタイルキープのため、毎日実践していたそうです。
また毎日鏡の前でボディラインをチェックすることも大切です。
今日は足がむくんでいるなとか、お腹回りに脂肪がついたなとか自分の目で見て体型を確認しましょう。
体重と合わせて体脂肪率も測っておくと自分の筋肉量も把握しやすいと思います。

 

朝の習慣をつける


あなたは朝型ですか?夜型ですか?
夜更かしして朝は眠いからと、ギリギリまで布団の中で過ごしていませんか。
そして毎朝忙しく余裕のない朝を迎えていませんか。

スタイル美人は、毎朝1時間でも早く起きて、朝の痩せやすい時間を活用しています。
朝起きたらまずはストレッチしながら朝陽を浴びる、白湯を一杯飲むなど一つ決まった習慣を作るとよいでしょう。

 

朝何だかぼっとするという人は少しでも朝食を食べるようにしましょう。
朝食は昼間に必要なエネルギー源です。朝食で摂取したものは活動量の多い昼間にほとんど消費できます。
また体温が上がる前の朝にしっかり食べることで、体温を上げ冷え性対策にもなります。

朝活することは自立神経を整え脳の活性化を促し、その日一日の気分も左右します。
朝陽を浴びて体内時計をリセットすると、身体の代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくしてくれます。ダイエットを頑張らなくても朝普通の生活を送るだけで痩せやすい身体になっていくのです。

 

身体を冷やさない

冷え性に悩む女性は多いと思います。冷え性は基礎代謝を下げ、脂肪の燃焼を抑制してしまいます。

冷え性も毎日の生活で改善することができます。
ニンジン、れんこん、かぼちゃなど体を温める食べ物を摂ることで体内から身体を温めることができます。
一般に夏が旬の食べ物は体を冷やし、冬が旬の食べ物は体を温める効果があるといわれています。これを参考に食べ物を考えるとよいでしょう。

またお腹周りのマッサージをしたり、毎日湯船につかることで体外から冷え性を改善できます。末端冷え性の人は冷え性に効くツボを押してみてもいいかもしれません。

そして1日30分以上のウォーキングなど有酸素運動を習慣にすることで基礎代謝を上げましょう。冷え性が改善されると、むくみなども減り、ダイエットしやすくなります。
ダイエット効果だけではなく、身体の調子も整えてくれるので体を冷やさないということは大切です。

 

食べる順番を考える

よくまんべんなく食べなさいと言われますが、ダイエットの為にはいわゆる「ばかり食べ」が効果的です。

まずは汁物や野菜などの副菜を食べ、主菜を食べる、最後に炭水化物を摂るように意識しましょう。血糖値の急激な上昇が抑制され、脂肪が蓄積しにくくしてくれます。
汁物や野菜を最初に食べてしまうことで、満腹感が得られるため、炭水化物の暴食が防がれます。よく聞くキャベツダイエットはこのような効果を期待したダイエット方法の一つです。
簡単なので、すぐにでも実践できそうですね。

 

夜型をやめる

先に述べた「朝の習慣をつける」という項目と通じるものがありますが、夜型の生活は太りやすい習慣の一つです。
睡眠時間が短いと、肥満傾向が高いといわれています。夜起きている分間食が増えてしまい、太りやすくなってしまうのです。夜は1日の中で一番代謝が落ちている時間のため、夜22時以降は食べないなど自分なりのルールを決めて夜の暴食を防ぎましょう。
夜型の生活は昼間の作業効率も悪くしてしまうので、体内時計を整えるという意味でも朝型サイクルを心がけましょう。

 

ピンヒールを履く

他の靴と違って歩き方を考えなければならないハイヒールにもダイエット効果があるようです。
ハイヒールを履くと、つま先立ちに近い歩き方になります。重心が普段とは違った位置にかかるため、普段使われていない筋力が必要となってきます。
筋肉がつけば自然と基礎代謝量を上げることができるので、痩せやすい身体になります。

姿勢を保つためにお腹を引き締めて歩くため、腹筋も鍛えられるようです。
そんなハイヒールを履くときのポイントは歩き方です。背筋と足を伸ばしてまっすぐ歩くようにしましょう。ヒールを履いて歩き方の綺麗な人はそれだけでスタイル美人に見えるものです。普段ヒールを履きなれていない人は太めのヒールから挑戦してみてはいかがですか。

この7つの方法は全部簡単なものばかりです。
これを見たらスタイル美人になるのもそんなに難しくないということが分かるのではないでしょうか。
美意識の高い女性は魅力的に見えます。なりたい理想の自分を想像してスタイル美人を目指しましょう。