わたしは足湯が好きでよく自宅でやっています。

足湯は代謝もよくなりますし心のリフレッシュにもなるので
ダイエットで痩せたい人におすすめしたい方法です。

 
足湯を日ごろからおこなうことにより、
脚先を温めることで体の芯から体温を上昇させ、
汗が出やすい体質に変化していくことを実感できるはずです。

また、むくみ対策にも効果があるので、
ぜひ取り入れてみることを推奨します。

では、どれくらい足湯につかればいいのか?

 

目安としては6分程度です。
このとき水を飲みながら足湯につかりましょう。

 

水分を補給することで汗が出やすい状態を作ります。

水分がはいることにより体から発汗作用がはたらき
汗がでやすくなります。

足湯を入れる容器は、洗顔器やボウルで大丈夫!

お湯があふれない程度までそそぎましょう。

 

お湯の温度の目安は45度程度くらいが丁度いいです。

お湯の温度だけは正確に温度計などで測ってください。

温度が暑すぎたり、逆にぬるかった場合、
足湯でのダイエット効果を期待することができなくなります。

 

 

まとめ

 

①45度程度のお湯を用意する

②洗面器やボウルなどにお湯を半分くらい注ぐ

③水を飲みながら6分間つかる

④6分間たったら足をタオルでふき足のいろ確認する。

 

このとき左右の足が赤くほてっているのであれば大丈夫。

逆に左右、どちらかの足の変化がなかった場合、
ほてりがすくない足だけ湯につかりましょう。
足湯につかっているときは何も考えず、
ぼ~っとリラックスした状態でつかることが重要です。

お湯さえ用意できればすぐにできますので、
体質改善をおこないときなどにお勧めです。