ダイエット中の悩みがなんといっても食事。

食べたいものを我慢できずに食べてしまった、
食べ過ぎてしまったという方も多いのではないでしょうか?

そこで今日は食べすぎを防止するための、
5つのポイントについてお伝えしていきます。

「Sponsored Links」


まず、ダイエットをされるかたには
以下の2つのタイプにわかれるとおもいます。

 

①すぐにでも1キロでもいいので痩せたい

②体重が落ちるよりも、少しずつでいいので太らないようになりたい

②に当てはまる方はほったらかしダイエットの方法で、
毎日数分ケアをするだけで目的は達成することができます。

食事のとり方についても食べすぎず、
栄養バランスのとれたものを
摂取していれば改善する必要はないでしょう。

⇒ほったらかしダイエットはこちら!

 

骨盤の位置を矯正することにより脳がさえるため
食欲を脳でコントロールしやすくなります。

「まだ食べれるけど、この辺にしておこう」と
自分で自分のことを制御かけれるようになれるということですね。

ただ、恐らくほとんどの方がこれができないため、
暴飲暴食や食べすぎに悩んでいられるのだと思います。

脳でコントロールして食欲を抑えたい人にはオリエンタルダイエットがおすすめです。

 

一方、①に当てはまる方は食事の改善が必要になってきます。

太っている人には食事をとる際にある共通点があります。

早食い、大食い、炭水化物を好んで摂取している・・・など。
このような食欲をいかにコントロールしていくか?

5つのポイントをあげていきますので、
少しでも興味がわきましたらとりいれてみてください。

 

 

暴飲暴食を防ぐ2つの食べ方

 

①一口を少なめにし、噛む回数を多めにとる

一気にドカッと口の中に食べ物を入れるのをやめて、
いつもより少なめの一口にしてそれをゆっくり噛む。
これが一番、カンタンかつ効果の出る食事のとり方です。

そしゃくする回数を増やすことでより
脳に刺激を与えることができるので、
噛む回数は多ければ多いほどいいです。

 

 

②お腹がすいたときだけ食べる

これは当然なんですが食べるときは
お腹がすいたときのみ摂取するようにしましょう。

間食やおやつは禁止。

お腹がすくということは体が欲しているサイン。

このサインがでたときのみ食べることで、
胃のサイズが平常に戻り食べれる量がどんどん落ちてきます。
暴飲暴食や食べすぎをしていたときの根本的な原因は
この胃のサイズによって起こっていることがほとんどです。

そのためまずは胃のサイズを平常に戻してあげることが大事。

胃のサイズは数日たてば元に戻るのでその間に、
空腹感を真際らすために水を摂取したり
食べ物以外のことに意識を向けて我慢することも必要です。