太ももが太くて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

脚痩せするには下半身の血行を改善し、代謝をよくすることが大切です。

「Sponsored Links」

よってリンパマッサージはとても効果的なはずなのですが、日頃からむくみをとるように心がけていても中々痩せられないことがあります。

そんな人が脚痩せできない理由―それは骨盤のゆがみが原因かもしれません。

 

 

なぜ骨盤がゆがむと脚が太くなるの?

骨盤が正しい位置にないと、脚に負担がかかり、脚が太くなってしまいます。

骨盤が前傾し、反り腰になることでお腹が出て、太ももが張り下半身太りの原因になるのです。

また骨盤がゆがむと、内臓の位置がずれその周辺の血管やリンパ管が圧迫されて血液やリンパ液の流れが悪くなります。これも体脂肪がつく原因です。

 

そして脚に左右同等の負荷がかからないため、どちらか一方は筋肉が、一方は脂肪がついてしまいます。

このような理由から、姿勢のゆがみにより脚はおろか下半身太りにつながると考えられます。

椅子に座った時に足を組む癖のある人やいつもどちらか一方の腕で荷物を持つ人、立ったときにどちらか一方の腕で荷物を持つ人、立った時にどちらかに重心をかけている人などは骨盤がゆがんでいる可能性があるので要注意です。

 

 

骨盤のゆがみを矯正するには?

骨盤を正しい位置に矯正することで脚痩せできることはお分かりいただけたと思います。

 

皆さんは骨盤ダイエットという言葉を聞いたことないですか。

骨盤を矯正することで身体に良い効果があると言われ、様々なメディアで取り上げられたダイエット法です。

たくさんの方法が紹介されており、試したことのある方も多いことでしょう。

しかし骨盤ダイエットそのものに痩せる効果はないとされています。

そもそも骨盤ダイエットは、骨盤のゆがみをとり、むくみや冷え性を解消することで代謝を上げ痩せやすくするというもので、体重そのものを減らすことはできないのです。

また正しい方法で行わないと腰痛の悪化やさらにゆがみを加速してしまうことになりかねないので注意が必要です。

 

それでは代表的な方法を2つご紹介します。

  • お尻歩き
  1. 両足を前に伸ばして床に座ります
  2. 腰をひねりながら、左右のお尻を交互に動かし前に10歩進みます。

この時太ももから前進する感じを意識してください。

  1. 同じ要領で後ろに10歩下がります。
  2. これを1セットとして1日2~3セット行います。

慣れたら1日5分と決めて一連の動作を行ってもよいでしょう。

わかりやすく動画でも説明いたしましたので参考になさってみてください。

 

 

  • 骨盤回し
  1. 足を肩幅に開きます。
  2. 両手を腰に当て、腰を左右に回します。この時顔、両足は前を向いた状態で腰だけを回すようにします。
  3. 左右10回ずつ、1セット行います。

 

 

いかがでしたか。

今回紹介した方法はごく一部にすぎません。しかし自宅での空き時間に簡単にできるダイエットなので、是非試してみてください。

先に述べたように骨盤ダイエットとはあくまでやせやすい身体をつくるだけのものですから、運動や食事を併用して初めてダイエットできるのです。

痩せないからと諦めずに、自分なりの方法で長く続けることも大切です。

さああなたも身体のゆがみを整えて、引き締まった身体を作るとともに健康的な身体を手に入れましょう。