息を深く吸うことで骨盤が動いていることがよくわかります。

ためしにいま一度、骨盤に手を当てて
おおきく深呼吸してみてください。

 

「Sponsored Links」

 

骨盤が動いていると実感しやすい体勢は、
あおむけに寝ている状態で骨盤の左右を両手で支えます。

大きく息を吸うことで胸が脹らみます。

これに合わせて骨盤も動くので、
手を当てて確かめることでわかるはずです。

 

女性の場合、妊娠時に骨盤が開きやすい傾向にあります。

おなかの中ですくすくと赤ちゃんが育っていき、
赤ちゃんの成長と共に骨盤も広がっていきます。

妊娠前と妊娠後に、骨盤の開き具合を先ほどのように
骨盤に手を当てて確認すると
あきらかに開いているのが実感できるはずです。

 

 

こころの心境にも変化あり!?

 

骨盤ダイエットをおこなった人たちの感想を聞いてみると、
心に体にもよい傾向が生まれたとおっしゃっています。

このブログでも何度かおっしゃっていますが、
骨盤を正しい位置に戻すことで
脳に刺激を与える動きがはたらき脳がさえます。

 

脳がさえると眼ざめもよくなり、ポジティブ思考になれます。
逆に姿勢が悪い状態、骨盤の位置のバランスが取れていないと
憂鬱になったり、ネガティブ思考になったりします。

早朝の通勤時の人達をみてみるとわかるのですが、
ほとんどの人が首に力がはいっていなく、
眼の開きが薄く常に寝むそうです。

体の重心も後ろにかたむいていてヒップラインが下がり、
お腹もポッコリでている方をよく見かけます。

 

 

これも一種の骨盤のバランスが悪いことで起きることなのですが、
きっと骨盤の位置がよければ体系もスッキリしていて、
朝から元気な足取りで出勤しているはずです。
なぜかというと、脳と骨盤はつながっているから。

そのため骨盤がゆがむと、脳をささえている頭蓋骨もゆがむので
ゆがんだままにしておくと脳がさえず元気がでなく
朝からしんどい、疲労感をかんじることだってあるのです。

 

うつ病や精神病などは、姿勢の悪さからきているのです。

そうなるまえにゆがみをとって元気な体つくりを行うことが大切です。

これが最終的にダイエットの効果も持ち合わせますし、
心のケアにもつながりますので是非、ご参考になさってみてください。